ニットに合わせたいジュエリー。

そろそろ秋も本番を迎え、朝晩は冷え冷えとした空気に思わず身を縮めてしまうことも。

いよいよニットの季節です。

ニットといえば、定番はシンプルなタートルネックセーターや、Vネックセーターではないでしょうか。

今日は、こちらの2つのニットに合うジュエリーをご紹介させていただきます。

厚手でボリュームのあるボトムスとのバランスを取りやすく、重宝するのがシンプルなニットです。

首からデコルテが隠れるタートルネックは、襟元のボリューム感がアップして見えます。

ヘアスタイルはタイトにまとめて、大ぶりのピアスをつけることでお顔回りもスッキリとバランスよく見せたり、また、揺れるタイプやフープ、モチーフなどのタイプでも、印象を変えたりすることができ、おしゃれのテーマもはっきりとします。

さらに、袖の上からはややボリュームのあるバングルを合わせたり、お手元にも、ボリュームのあるリングを合わせるとバランスを上手にとることができます。

シンプルなニットなので、ジュエリーのデザインはスタイリッシュで印象的なものを選ぶと、よりセンス良くファッショナブルな仕上がりに。

もともと襟元のボリューム感が感じられるので、ここはあえて胸元には何も着けずとも、耳元とお手元で十分雰囲気を演出できると思います。

胸元をメインにする場合には、ニットのボリューム感と喧嘩しないような印象的な、または程よいボリューム感のあるペンダントトップや、長さのあるチェーンを組み合わせていただくと、ニットとジュエリーがエレガントにお互いを引き立て合います。

 

気を付けなければならないのは、ゴテゴテとした印象にならないよう、ポイントを絞ることです。

Vネックニットの場合は、胸元がすっきりとしているので、逆に胸元でおしゃれをしたいですよね。

TPOに合わせて、さまざまなおしゃれができます。

逆にいうと、合わせるジュエリーでどんな雰囲気も演出できるということです。

アコヤパールで清楚に、南洋真珠でセレブ風に、ロングのネックレスでエレガントに、シンプルなダイヤモンドの1つ石、さらに重ね着けでオフィスやカジュアルに、などなど。

ネックレスがデコルテのおしゃれを印象的な仕上がりにしてくれます。

ネックレスを主役に雰囲気の合うリングやピアスを合わせて。

ここでもやはり、テイストを合わせたり、着けすぎてトゥーマッチにならないように、ファッション全体が上品にまとまるように気を付けることが大切です。

シンプルなニットをどう見せるかは、ジュエリー合わせにかかっているといっても過言ではないのかもしれません。

ジュエリーとファッションのバランスを考えながら、その日のジュエリーコーディネートを考えるのも楽しいものですよね。

 
この商品の査定金額
この商品をネットショップで買う
この商品をお店で確認する
▲このページの先頭へ