太陽の石~シトリン~

11月の誕生石は、様々なカラーを有するトパーズと、イエローオレンジのシトリンとがありますが、今回は、シトリンについて書きたいと思います。

シトリンは、以前シトリントパーズと呼ばれていたことがあったのですが、本来シトリンはトパーズではなく黄色の水晶なので、現在はトパーズが取れて「シトリン」と呼ばれています。

シトリンもイエローカラーのトパーズも色味も輝きもそっくりなので、混同されていたのでしょう。しかもトパーズの方が、価値として高かったこともあるのだと思いますが。

トパーズと水晶は全く違う鉱物ということが、今では認知されております。

天然のシトリンはとても希少で、産地はブラジルのみだと言われており、私たちが広く目にするシトリンのほとんどは、アメジストに加熱処理を加えたものです。

 

シトリンは、すっきりとしたオレンジ味のある黄色~赤味 茶色味のあるオレンジ色。

インクルージョンはないアイクリーンで、あたたかな発色と、艶やかな輝きが魅力の宝石です。

シトリンのようなカラーを、ビタミンカラーといいますが、柑橘系のフルーツのような明るくビビッドなカラーのことです(シトリンの語源は、フランス語のレモンを意味する「citron」からきています)。

柑橘類はビタミンが豊富だということで、そのように言われるのですが、身に着けると、気持ちも元気になって、生命力がわいてくるような、そんな心のビタミンサプリメント、カンフルにもなるような、明るく力強いカラーです。

透明感があり、燃えるように燦燦と輝くシトリンは、まるで太陽のよう。

パワーストーンとしても太陽のエネルギーを持つ石とされており、はつらつとした明るさ、希望、積極性などの明るいエネルギーを感じさせるのは、まさに太陽を思わせます。

そしてシトリンの黄金色の輝きは、財をもたらす金運の石としてもパワーも与えてくれるそうです。

誕生石としてだけではなく、パワーストーンとしても人気のあるシトリン。

小さなものから大きなものまであり、微妙に違うカラー、そして様々なカットを施された個性あふれるピースも多いので、カットを生かした大胆なデザインのものなど、バラエティー豊かなお品物が多いことも特徴です。

ご自身の好みにビビッとくるシトリンに出会ったときには、それがご縁なのだと、運命のシトリンなのだと思います。

この商品の査定金額
この商品をネットショップで買う
この商品をお店で確認する
▲このページの先頭へ