未来のアンティークジュエリー ~ギメル(Gimel)~

初めてギメル(Gimel)のジュエリーを見たとき、そのブランド名もありますが、モチーフやそのセンスに海外のハイジュエリーブランドだと思いました。

しかしながら、そのジュエリーの醸し出す雰囲気に日本的な美意識を感じ、調べてみたら日本のジュエラーだったのです。

 ギメルは穐原かおる氏が1991年に創立した、兵庫県の芦屋市に工房を持つ高級ジュエリーブランドです。

2000年 バーゼル・フェア(宝石と時計の世界的な宝飾展)に出展し、花や植物のデザインを、ストーンの美しく繊細なカラーグラデーションで表現したジュエリーは、まずは世界で評判となりました。

 穐原氏によって選び抜かれた宝石とデザイン、職人による高い技術を駆使して作られたジュエリーは、生産も限られ希少価値も高いのです。

オークションハウスのサザビーズに「未来のアンティークジュエリー」と讃えられるほど。

 『私達が失ってしまったもの 今 失われゆくもの

このかけがえのない美しい自然を ジュエリーに表現する

それがギメルです』

 というスローガンのもと、うっそうとした緑の中にある工房で、豊かな自然からのインスピレーションからデザインされたジュエリーは、華やかすぎない奥ゆかしさも感じますが、

よくよく見ると、その圧倒的で繊細な技術と質の高さにさらに驚かされるのです。

 

四季折々の自然、花や葉のモチーフに、ダイヤモンド、ガーネット、サファイアなどを、美しいカラーグラデーションにパヴェセッティングしたジュエリーは、とりわけ美しいのです。

大小さまざまな大きさの高品質のストーンを、一つ一つ高さを揃え、ぶつからないように隙間なくびっしりと敷き詰めた、ギメルならではの精度の高いパヴェセッティング。

さらにその裏側は、ハチの巣のような六角形のハニカム構造のオープンセッティングとなっており、隅々まで磨き上げられ、その反射で光を取り込んだストーンが、最大限に美しく見えるように惜しげもない手間がかけられています。

ジュエリーの裏側にも、比類のないこだわりを持つギメルのジュエリーは、蜂や虫などがこっそりと潜んでいたりもして、ユニークな遊び心さえデザインされ、特に蜂の巣のようなハニカムの上に蜂が配された裏側のデザインは感動的で、どちらが表かわからないほど。

ひっくり返した時に持ち主だけが知りうる、密やかな贅沢もまた魅力なのです。

 

実際に手に取ってギメルのジュエリーを見ると、一つ一つのストーンの質の高さ、技術の高さや繊細さ、ストーンのグラデーションカラーの豊富さに惚れ惚れとします。

特にカラーダイヤモンドなどは、これだけ豊富にどうやって集めているのだろうと感心すると共に、穐原氏のこだわりやギメルの真の良さを理解する業者がたくさんついているのだろうと感じます。

ギメルのジュエリーの繊細で高貴、日本的な奥ゆかしさのある美しさは唯一無二。

実物を見ることができる店舗は少ないのですが、知る人ぞ知る、その魅惑的なジュエリーは一見の価値があり、すぐに虜になること請け合いです。

何時間でも見ていたくなります。

高価なものが多いのですが、「いつか私も…」と思わせてくれるジュエリーたちです。

この商品の査定金額
この商品をネットショップで買う
この商品をお店で確認する
▲このページの先頭へ