よくある質問 (「困ったなあ。」、そんな時にもご覧ください。)

お取引について

Q1.説明文には落札後24時間以内にセルビーから連絡が来ると書いてありますが、2日も経過したのに、まだ連絡がありません。いったいどうなっているのでしょうか?

A1.たいへん申し訳ございません。落札確認メールは必ずお送りしているのですが、プロバイダーやウイルスソフトの設定によっては、迷惑メールフォルダに入ってしまって、ご覧いただけなくなっている可能性があります。
24時間経ってもメールが届かない場合は、たいへんお手数ですがヤフー連絡掲示板から落札確認メールが届いていない旨をご連絡いただくか、フリーダイヤル 0120-545-750にお電話をおかけくださいますようお願いいたします。
お電話での対応は、年中無休で10:30~19:00までとなっております。

Q2.今日終了のオークションで、金額を間違えて入札してしまいました。
入札を取り消してほしいのですがどうすればよいでしょう?

A2.オークション終了当日の19:00までにご連絡をいただければ、入札を取り消す処理をさせていただきます。
もちろん、悪い評価が付与されることはございません。
入札取り消し後は、同一商品への入札ができませんのでご了承ください。
また、オークション終了当日19:00までにご連絡いただけない場合は、入札取り消しができません。

Q3.落札した指輪を、到着してから3カ月経って着けてみたところ、サイズが合いませんでした。
どうしたらよいでしょう?

A3.オークション出品時の説明文にある対応サイズの範囲でのサイズの変更であれば、落札日から1年以内であれば、何度でも無料でお直しを承ります。
対応サイズ範囲外のサイズ変更については、料金が発生いたします。
お手数ですが、詳細につきましては、お電話かメールにてご確認ください。

Q4.「主人に内緒でお買いものしたのに、オクログにデータが残っているじゃない」
どうにかならないの?など人に知られたくない場合、どうすればよいでしょう?

A4.メールまたはお電話にて、オクログデータ消去とご連絡ください。
「ご落札日時」「商品名」をメールもしくはお電話にてご連絡いただければ、即日データを消去いたしますので、どうぞご安心ください。

返品について

Q5.落札した商品が思っていたものと異なる場合、返品できるとのことですが、落札手数料や評価はどうなるの?

A5.原則的に、ご落札いただいた商品は商品到着から1週間以内であれば、理由の如何にかかわらず返品をお受けいたしております。
その場合、落札手数料はセルビーが負担しますし、「悪い・非常に悪い」、「どちらでもない」という評価を行なうことはありません。
オークションシステム上、次点繰り上げは行なわず、落札されたままの状態で処理をいたします。

Q6.返品した商品はどうなるの?

A6.ご落札者が使用されたかどうかにかかわらず、工房で新品仕上げを施した後、再度オークションに出品いたします。
なお、返品された商品への入札はご遠慮いただいておりますのでご了承ください。

Q7.サイズ直しをしたものでも返品できるの?

A7.もちろん、可能です。
但し、説明文中で「サイズ直し不可」(ブランドの刻印が消えてしまう、デザインが変わってしまう場合)となっているものをお客様のご要望でお直しした場合は、返品を承りかねる場合がございます。
また対応サイズ外へのお直しで発生した別途料金につきましては、返金の対象にはなりませんので、予めご了承くださいませ。

セルビーについて

Q8.セルビーが「最低落札価格設定なしの1円スタート!」オークションを開始したのはいつから?

A8.セルビーがヤフーオークションに初めて出品したのは2001年9月のこと。
3ヶ月後の12月には、ヤフー公認のオークションストア(当時はプレミアム・マーチャントという名称でした)に登録し、以来、現在に至るまで、「最低落札価格設定なしの1円(2009年までは100円)スタート!」という基本スタイルはほとんど変わっていません。
なお、2010年4月現在、ヤフーオークションには1万6千件余りの『ストア』が登録されていますが、セルビーが登録した2001年12月には全カテゴリーを合わせてもまだほんの100件ほどしかありませんでしたので、数あるオークションストアの中でも「草分け的存在」と言えます。
また、「最低落札価格を設定しない1円(100円)スタート!」や、評価や手数料などでお客様にペナルティを強いない「返品保証制度」、ご落札から1年間何度でも利用できる「無料サイズ変更サービス」など、現在もご好評をいただいているサービスメニューのほとんどは、お客様に安心してオークションをお楽しみいただくために、セルビーがオークションに出品を開始した2001年から続けているものです。

Q9.なぜ、セルビーは「最低落札価格設定なしの1円スタート」にこだわるの?

A9.流通業の先進国であるアメリカのリテール(小売業)マーケティングの教科書には、必ず「商品の価格を決めるのは、買い手(消費者)である。」と書かれています。
いくらなら商品を買うか、という価格決定権限はお客様にあるという」原理原則であり、それを実現できるお店は小売業の理想形とも言えます。
この原理原則を100%実現したお店をつくるには、商品一点ごとにその商品を欲しいと考えているお客様を一ヶ所に集め、オークションを行なうしかありません。
しかし商圏や立地、集客手段などの制約を考慮すると、現実的にはほぼ不可能です。
逆に言えば、こうした制約条件をクリアしさえすれば、理想に近い店をつくることが可能になります。
この制約条件をもっとも効率的に取り除くことができる販売形態のひとつが、「ネットオークション」なのです。

Q10.「最低落札価格設定なしの1円スタート」だと、赤字になったりしないの?

A10.月によって違いますが、赤字になる商品は全体の10~20%程度あります。
写真や説明文が商品のプロフィールを正確に表現していなかった、あるいはたまたま人気がなく入札者が少なかった場合など、様々な原因が考えられますが、毎日必ず赤字になる商品が出てしまいます。
月に一回発行しているメールニュースでは落札商品全体に占める赤字商品の比率やオクログ(過去の落札品のデータサイト)のランキングで、毎月人気の高かった商品と同時に、赤字額の大きかった商品を開示していますので、興味のある方はぜひご覧ください。
「もしかすると、ものすごくお買い得だったかも。」
そんなワクワク感もオークションの楽しみのひとつだと考えています。

▲このページの先頭へ