「トリニティリング」「三連リング」というだけで、通じてしまうほどに世界中に知られた”超”がつくほどに有名なジュエリー。
それがカルティエの代表、アイコン的存在の「トリニティ ドゥ カルティエ」シリーズ。

1924年に誕生した3色のゴールドのリングが絡み合った、時を超えて支持されるエレガンスとシンプリシティの美を感じさせてくれるジュエリーです。

3色のゴールドは、それぞれピンクは愛、イエローは忠誠、ホワイトは友情、をシンボリックに表現しているそうです。

『三位一体』

シンプルな美を極めた甲丸スタイルのリングを3本絡めたそのフォルムは、3色の重なり具合が毎回異なる、いつでも微妙に表情を変えて見せてくれる、ファンタジックなジュエリーでもあります。

指にはめたときに金属同士当たって痛くないのかしら?とか、着け外しがしにくいのでは?など一切の心配を後悔するほどの、あの滑らかになじむように指を通り抜けていく感触は、さすが世界が誇るジュエラー「カルティエ」のなせる技術とこだわりなのだと、感動すら覚えます。

お客様の中には、どんな着け心地なのか知りたいと、トリニティを試着される方もおられ、やはり、指にスルスルと入っていく感触と着け心地の良さに、感動されていらっしゃいました。

私がこのリングに出会ったのは、私が大好きな「恐るべき子供たち」という小説を書いた、フランスの芸術家であるジャン=コクトーが小指にはめているリングとしてでした。
その後、コクトーがカルティエに「この世にないリングを作ってくれ」とお願いしたのが始まりなのだと知ることになったのです。

ファッションの一部として、マリッジリングとしても選ばれる永遠の名品です。

この商品の査定金額
この商品をネットショップで買う
この商品をお店で確認する
Japanese English Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)