BOUCHERON(ブシュロン)は、1858年創業のハイジュエラーですが、ジュエリーだけではなく、時計やフレグランスなど女性の贅沢への憧れの気持ちをくすぐる商品展開も魅力のブランドです。

2019年にはテレビドラマの中でも登場していたんです。

常盤貴子さん主演の「グッド・ワイフ」の中では、ブシュロンのアイコンでもあるヘビをモチーフにした「セルパンボエム」のネックレスが、竹内結子さん主演の「スキャンダル専門弁護士QUEEN」では、第一話で竹内さんが着けていた、繊細でゴージャスなクジャクの羽のモチーフが美しい「プリュム ドゥ パオン」の存在感たっぷりのネックレスとピアスが、ブラックのドレスにとてもよく映えていました。

ほかにも、愛らしいハリネズミのモチーフ「エリソン」のネックレス、ブラックのライダースジャケットに合わせたコンテンポラリーな「キャトルラディアント」ネックレスなど、「ブシュロンのジュエリーはこう着けるべし」という現代女性のスタイルのお手本を見るように楽しみました。

160年を超える歴史をもつブシュロンは、パリのヴァンドーム広場に初めて店舗を構えたのですが、動物や植物など、自然からインスピレーションを得たアール・ヌーボーデザインをジュエリーに取り入れたのはブシュロンで、今では一般的なデザインも当時は革新的であり、その精神は、現在でも私たちに驚きをもたらしてくれるのです。

革新的でコンテンポラリーなデザインも、美しい自然を切り取ったデザインも、その美しい仕上がりのすべては、フランス語でサヴォワフェールと言われる、代々受け継がれている職人の卓越した技術によるものです。

その技術に裏付けられたブシュロンのジュエリーの個性と美意識は、エレガントなハイジュエリーはもちろん、カジュアルに身に着けられるものにまで一貫して感じられるのです。

ブシュロンには、一度見たら忘れられないとても印象的なデザインも多く、最近では、一口かじってしまった歯形の付いたマカロンをモチーフにした「タンタシオン」。
粒粒とした丸みがインパクトのある「グランドミュール」「グランド レザン」。
異なる素材を組み合わせた斬新なユニセックスデザインで、今やセルパンボエムと並ぶほどのアイコニックな存在の「キャトル」シリーズ。

マリッジリングにも、側面に散らしたダイヤモンドが魅力の、ハリウッド女優のリタ・ヘイワースにささげた「ディヴァイン リタ」や、リングの表面にたくさんの面を持たせた「ファセット」など、とてもたくさんあります。

いつでもブシュロンのジュエリーには、メゾンのもつ美意識やエレガンスの中に、常に進化し続ける斬新さと、喜びや遊び心が大胆にミックスされた、老舗ジュエラーのプライドと秘めた心意気を感じるのです。

この商品の査定金額
この商品をネットショップで買う
この商品をお店で確認する
Japanese English Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)