比較的よく知られた宝石に、「キャッツアイ」があります。

光を当てると、石の真ん中に入る線がまるで猫の目のようで、まさに名前の通りの猫目石。

「キャッツアイ」と言えば、ハニーカラーやグリーン系のクリソベリルキャッツアイのことをいうことが多いのですが、このクリソベリルキャッツアイ以外でも、猫の目が出現するものもあります。

キャッツアイ効果は、カット研磨されたルースでしか見られる事のない効果で、通常は宝石名の後ろにキャッツアイが付いた名称「キャッツアイ〇〇」の宝石名で呼ばれます。
例えば、クリソベリルキャッツアイ、エメラルドキャッツアイ、トルマリンキャッツアイなどで、ほかにも数十種類あるそうです。

ルースに光を当て正面から覗くと、白い条線は中央部にスッとありますが、ルースをほんの少しでも動かして角度を変えてみると、その条線が大きく動きます。猫の目がいつも自分を見ているようです。
この特殊効果こそがキャッツアイ効果(キャッツアイエフェクト)。
またはフランス語でシャトヤンシーと呼ばれる光彩効果で、「キャッツアイ」とは実は宝石の名前ではないのです。

この効果は、宝石の内部で反射した光が、そのルースの外側に集中し、線のような光の帯、猫の目のような光彩となって現れることです。

キャッツアイ効果が表れるルースの内部には、密集した平行状の液体チューブインクルージョン(管状内包物)、針状結晶インクルージョン(内包物)、もしくは平行繊維状組織が存在しており、これらのインクルージョンによって、ルース内部に光の反射が起こり、つるりとしたドーム型のカボションカットに研磨することでレンズの役目を果たし、その光が宝石の外側に集中し、光の帯、条線が表面に出現するのです。

キャッツアイ効果を最大限引き出すために、ルースの底面はあえて磨かず艶消しの状態にします。
そうすることで、ルース内で反射した光が底面から抜けてしまい、光彩効果が弱まることを防いでいるのです。

キャッツアイ効果のある宝石は全般的に透明度が低く、半透明のものがほとんどなのですが、それはこの効果にはインクルージョン(内包物)の存在が必要不可欠だからです。
透明度の高さが評価につながることが多い宝石界の中で、評価を下げる要因でもあるインクルージョンが、逆に高い評価を得られる希少な効果の一つなのです。

そのため、キャッツアイ効果のあるもので、透明感がありカラーも濃く、また中心に条線がはっきりと出るものは、希少性と価値が高いのです。
これは、同じくインクルージョンがその効果のもととなる「スター効果(アステリズム)」のある宝石も同じです。

通常の光でもキャッツアイ効果を見ることは可能ですが、より鮮明にお楽しみいただくためには、スポットライトのような強い光を当ててみてください。
宝石の表面に現れる一条の強い光はとても幻想的で、キャッツアイの一番の魅力です。

神秘的なまっすぐな瞳で心の中まで見透かされそうなキャッツアイ効果のある宝石。
たくさんの種類があるので、いつかハートを射抜かれる「キャッツアイ〇〇」との出会いがあるかもしれませんね。

この商品の査定金額
この商品をネットショップで買う
この商品をお店で確認する
Japanese English Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)